分譲住宅を購入するには⑥

前回は『融資本申込み』のお話をさせて頂きました。

新築分譲住宅の流れでは次に現地での立会『現地立会』を行います。

まずは設備の使い方や、注意点などの説明を主に行います。

次に敷地の境界確認をして頂きます。

図面等では確認をして頂いているのですが実際に現地で再度敷地の境界確認をして頂き、1棟以上の新築分譲住宅の場合はフェンスの所有者確認もして頂きます。

境界は今後生活して頂く間も、とても重要になりますのでしっかりと聞いておいて下さい。

特にフェンスはしっかりと確認をして頂き、お引き渡し後にお隣のフェンスに間違って洗濯物を干したり、飾り付けをしたりしないようにして下さいね。

設備・境界確認が終わりましたら、室内や外部に不備な箇所や未施工箇所が無いかを確認して頂きます。

不備な箇所があればその場でチェックし、後日手直しをさせて頂きます。

私たちも一緒に不備な箇所等をお探しさせて頂きますのでご安心ください。

分譲住宅の性質上、色々な方が完成からご成約までの間にご見学に来られます。

細かな擦り傷等はご容赦頂いていますので、宜しくお願い致します。

『現地立会』が終われば、お引き渡しまでもう少しです!!

最後まで一生懸命行いますので、宜しくお願いします。

服部相互不動産では、稲沢市、愛西市、あま市を得意エリアとしています。

物件をお探しのさいは、是非一度ご相談下さい。

投稿日:2015/01/30   投稿者:-
過去の投稿