物上代位について

最近なんだか悪質な交通事故が多いようですね。
脱法ハーブや飲酒運転の車にひかれて亡くなられた
方が何名かいらっしゃるそうです。
免許を取った時に自動車学校の先生がこんな事を言っていました。
「どんなに高級な車に乗っていても、お酒を飲んで運転したら
ただの動く棺桶だよ」
まさしくその通りですね。
ドライバーとして良識と責任のある運転を心がけたいですね。

【物上代位】
例えば、お金を貸した担保として家に抵当権を設定している場合、
債権者は家の価値を担保として把握しています。
もし担保としていた物がなくなったら。債権者は困ってしまいますよね。
そこで、担保がなくなった代わりに別の価値ある物に変わった場合、
その変わった物についても担保権の効力を認めます。というのが物上代位です。

どういうことかと言いますと・・
例えば、担保にしていた家が家裁により全焼してしまいました。
しかし、火災保険に入っていた為、保険金が下りることになりました。
担保としていた家はなくなりましたが、代わりに入ってきた保険金を
担保とすることを認めます。
といった感じです。


投稿日:2014/07/15   投稿者:-
過去の投稿