覚えておきたい法律用語その①

ちょうど3年くらい前の今頃、とある温泉街に友達と旅行に行ったのですが、
そこでちょっと怖い出来事を体験したのを思い出しました。

その日は1日遊び周っていたので、旅館についた時には、疲れてすぐ寝てしまいました。
夜中の3時頃にトイレに行きたくなり、
明かりが1つしかない暗い廊下を通ってトイレに向かいました。
用を足している最中何故か無性に窓を開けたい衝動に駆られ、目の前の窓を開けたのですが、
山の中にある、月明かりに照らされたお墓が目に入ってきました。
うわっ!?と思いちょっと足にかかってしまったのですが、怖くなったので
部屋に戻りすぐに寝てしまいました・・・

続きはまた明日(^o^;)

【覚えておきたい法律用語その一】

債権=特定の人に対して、一定の行為を請求しうる権利のことを言います。
債権を持っている人を債権者といいます。

債務=一定の行為をする義務の事を言います。
債務を負っている人を債務者といいます。

例えば、私が、友人から100万円借りた場合、私は債務書となり100万円を返す義務が発生し、
友人は債権者となり、私に100万円の返済を請求する事ができます。

投稿日:2014/03/20   投稿者:-
過去の投稿