路線価について

 

本日は1日雪が降り続く1日でしたねm(_ _;)m
たまにパラパラなら綺麗な雪も、これだけ降るとうんざりしますね(-.-;)
明日はオープンハウスがあるのでお天気になることを祈るばかりです。

本日は路線価について記述します。

【路線価】
都市部などにある主要な道路に面した土地の税務上の評価額を、
1平方メートル当たりの単価で表したものを路線価といいます。
相続税や贈与税を算出するときの基準になるため、
不動産を所有している方にとっては非常に重要なものと言えます。
国土交通省が発表している公示地価の8割の水準を目安に専門家が評価して、
国税庁が毎年夏ごろに公表します。
全国の税務署や国税庁ホームページで路線価図を閲覧する事も出来ます。
ちなみに、日本で一番路線価が高いのは、
東京・銀座「鳩居堂」前の銀座中央通りです。
28年連続で日本一の路線価をつけられており、前年と同じで1平方メートル当たり2152万円だそうです(゚Д゚)
銀座の土地が高いのも納得できますね(^o^;)


投稿日:2014/02/14   投稿者:-
過去の投稿