相隣関係について

 

今インフルエンザが流行っているようですね。
予防には手荒いとうがいが一番らしいので
本日も実行中です。
のどが乾燥するとウイルスをもらってしまうみたいですね。
まめに水分を取ってのどを乾燥させないように気をつけます。

本日は相隣関係について記述します。
 
【相隣関係について】

相隣関係とは、隣りあった土地の間の法律的関係をいいます。

自分の土地は自分が自由に用いることができ、隣の土地には手出しできないのが所有権の原則ですが、
ある土地の使い方が隣の土地に深刻な影響を及ぼす場合もあります。
民法では、隣の土地の利用に大きな害を及ぼす使い方を制限する規定と、
起こりやすいトラブルを調整するための規定が定められております。

民法には相隣関係を律する規定として以下のものがあります。
  • 隣地使用権
  • 囲繞地通行権
  • 水流に関する権利
  • 囲障境界設置権
  • 竹木切除権
  • 境界線隣接地帯に関する権利

土地は栄え目がわかりにくいので、知らずに越境していた等という事例もあるそうです。
悪気がないならしょうがないで許してくれる人ばかりではありませんので、
隣に迷惑をかけないように、自分の土地の境界を調べておくのが良いかもしれません。


投稿日:2014/01/26   投稿者:-
過去の投稿