フラット35について

本日は新築物件の写真を撮りに行ってきました。
様々な所を回ったのですが、中でも稲沢市北山の新築物件の間取りは
使いやすそうで良かったですよ(^^)
物件内の動画を挙げてありますので良かったらご覧になってみて下さい。

写真を撮っていて思うのが、同じ広さでも、光の入り方や窓の配置によって
広く感じたり、狭く感じたりするという事です。

実際に見て初めて気づく事が沢山あるので、
気になる物件がございましたら、まずは一度内覧して見るのがオススメですよ(^^)


本日は、フラット35について記述していきます。

【フラット35について】
フラット35は民間金融機構と住宅金融支援機構が提携している
長期固定金利の住宅ローンです。
その仕組みは、住宅金融支援機構が住宅ローン債権を民間金融機関から買取
証券化するというものです。
そのため民間金融期間としてはリスクなく長期型の金利商品を提供出来るようになっています。


フラット35の借り入れ条件は

「物件的な条件」、「人物的な条件」「融資枠の条件」となっています。

物件的な条件では、以下のような項目が定められています。
・一戸建ての場合の床面積が70㎡以上
・マンションの場合の床面積が30㎡以上
・建設費または購入価格が一億円以下の物件
・住宅の耐久性などで機構が定めて技術基準に適合するかどうか
等が挙げられます。

次に、人物的な条件は以下のようになります。
・申込み条件が70歳未満
・安定した収入があること
・年収400万円未満の方=年間の返済額の合計が年収の30%まで
・年収400万円以上の方=年間の返済額の合計が年収の35%まで
・日本国籍の方、あるいは永住許可を受けている外国の方


最後に融資枠の条件については以下になります。
・融資額は100万円から8,000万円以下で
建設費又は購入額の90%以内

フラット35は比較的借り入れしやすいと言われています。
例えば、民間の金融機関の場合、団体信用生命保険への加入が条件となります。
その為、過去に大きな病気をしたりして団体信用生命保険に加入出来ずに
融資が受けられない場合があります。
フラット35の場合、団体信用生命保険への加入は任意であり、
融資を受ける絶対条件ではない為、健康に問題がある方でも、他の条件を満たしていれば
融資を受けることが出来ます。

これから住宅を購入する予定で、固定金利が良いなぁと考えていらっしゃる方は
一度フラット35をご検討してみてはいかがでしょうか(^^)

投稿日:2013/12/09   投稿者:-
過去の投稿