住宅ローン控除について

私は普段お酒をあまり飲まないのですが、
昨日は久しぶりに飲む機会があったので、
ちょっぴり無理して焼酎等を飲んでみました(^^)
そして本日は絶賛二日酔いです(-.-;)
慣れない事は無理してしない方が良さそうです、一つ勉強になりました。笑


本日は、住宅ローン控除について記述します。
【住宅ローン控除】
住宅ローン控除とは、銀行ローンなどの借金をして住宅を新築、あるいは購入した場合に、借金の残高に応じて所得税が安くなるという制度の事を言います。
ちなみに住宅ローン控除の正式名称は住宅借入金特別控除と言います。

住宅ローン控除の適用を受けるには以下に記述する要件を満たす必要があります。

①新築、購入、増改築等から6ヶ月以内に入居し、引き続き居住していること。

②償還期間10年以上の住宅借入金があること。

③控除を受ける年の合計所得金額が3,000万円以下であること。

④入居年、前年、前々年、翌々年に居住用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除、居住用財産の買換え特例の適用を受けていないこと。

⑤ 居住用であり以下条件を満たす必要があります。
・新築の場合:床面積50㎡以上
・新築分譲の場合:床面積50㎡以上
・中古物件の場合:床面積50㎡以上、かつ築後20年以内(耐火建築物は25年以内)
 ・増改築等の場合:床面積50㎡以上

控除額は、住居を居住した日に応じた控除期間、住宅ローンの年末残高と控除率の組み合わせにより計算した金額となります。
例えば、住宅ローンを利用してマイホームを新築し、平成22年中に居住した場合の住宅ローン減税の算出方法は以下のようになります。

住宅ローンの年末残高(限度額5,000万円)× 1.0%=控除額(最大控除額50万円)

せっかく国から控除が認められているので、適用要件を満たしているのであれば是非利用したいですね(^^)

投稿日:2013/11/27   投稿者:-
過去の投稿