都市計画税について

本日は病院で胃カメラをしてもらってきました(^^)
結果は、胃炎との事でした。
しばらく薬を飲まないと行けませんが、
大変な病気じゃなくて安心しました。

十二指腸までカメラを入れたので、
ものすごく痛くて、未だにお腹にカメラが入ってるような感じがします(_ _)
しばらく胃カメラを、飲まなくても良いように胃をいたわりたいと思いました。

本日は、都市計画税について調べました。
【都市計画税について】

土地・家屋の所有者には固定資産税が課せられるということについて以前記述しましたが、これに加えて、市街化区域等に所在する土地・家屋の所有者には都市計画税という税金が課せられる事になっています。

固定資産税の課税標準は、土地・家屋の価格です。(固定資産税の課税標準となるべき価格の事です。)

住宅用地には、課税標準を200㎡以下の部分は1/3、200㎡超の部分は2/3とする特例があります。

都市計画税の税率は、
0.3/100を制限税率として、課税する市町村の条例で定めます。
つまり、0.3/100までの範囲内で、市町村が条例で、税率を定める事になります。 

都市計画税は、原則として、固定資産税と合わせて賦課・徴収されます。

都市計画税は主な用途として公園・道路・下水道などの都市計画事業・土地区画整理事業などに充てられるそうです。
市街化区域の整った町並みを維持させる為にも大切な税金なんですね(^^)

投稿日:2013/11/20   投稿者:-
過去の投稿