登録免許税について

寒い日が続きますが、体調はいかがでしょうか?
我が家では、この季節になると湯たんぽを布団にいれております。
ヒーターやエアコンをつけずに済むので大変エコですし、
それにすごく暖かいんですよ(^^)
ホームセンターに行けば500円位で変えますので、
寒くてなかなか寝つけないという方、是非オススメです!



【登録免許税】

不動産を取得した際に係る税金のひとつに
登録免許税があります。
これは、取得した不動産に対して、自分の権利を主張するために
所有権の移転登記や所有権の移転登記をする際に発生する税金の
事を指しています。

税金の計算方法は

不動産の価格(固定資産税評価額)×税率=税額

で求めることが出来ます。

税率は、軽減税率の適用がない場合は下記のようになります
所有権の保存登記=土地・建物ともに0.4%
所有権の移転登記=土地2% 建物2%

特定の条件を満たした不動産に対しては、軽減税率が適用され、
税率が上記より低くなる場合もあります。

例えば、物件価格3,000万円の一戸建て、固定資産税評価額が土地1,500万円、建物1,000万円
で住宅に係る軽減税率適用外の物件の登録免許税は、
土地  1,500万円×2%=300,000円
建物  1,000万円×2%=200,000円
合計300,000+200,000=500,000円となります。

軽減税率については、また詳しく勉強してから記述したいと思います。
税率が沢山出てくるので、間違えて覚えてしまわないように、
気をつけたいと思います。

投稿日:2013/11/18   投稿者:-
過去の投稿