住宅ローンの返済方法について

昨日スマートフォンを修理に出し、同型機種と交換ということになりました。

せっかくの新しい機種に傷をつけないように、ネット通販でカバーを購入してみました。
スマートフォンのカバーってすごく沢山種類があるんですね(?△?)
同じような物でも、値段が倍以上したりする物もあり、どれがいいのか解らなかったので、ショップのオススメの物を購入してみました。
千円位のものですが、到着するのが楽しみです(・∀・)


本日は住宅ローンのお話の続きとして、住宅ローンの返済方法である、
元利均等返済と元金均等返済ついて記述していきます。

【元利均等返済】
毎回の返済額が一定になっています。
返済期間の経過とともに、返済額のうち元金部分と利息の割合が変わっていくものです。
メリットは毎回の返済額が一定なので、返済計画が立てやすいということです。
逆にデメリットとしては、元金均等返済に比べ、返済総額が多くなることです。

【元金均等返済】
毎回の返済額のうち、元金部分の返済が一定で利息部分を上乗せして返済していくものです。
メリットは元利均等返済に比べ、返済総額が少なく済むことです。
逆にデメリットは借り入れ当初の返済額が大きくなることです。

もう一つ、住宅ローンの繰り上げ返済についても記述していきます。

【住宅ローンの繰り上げ返済について】
住宅ローンの返済を、お金がある時にまとめて返済してしまおう、というのが繰り上げ返済です。
これには、残りのローンを一括して返済してしまう、「全部繰り上げ返済(一括繰り上げ返済)」と
ローンの一部を返済する「一部繰り上げ返済」とがあります。
一部繰り上げ返済をする場合、ローンを繰り上げて返済することによって、
ローンの残りの返済期間を短くする方法の期間短縮型というものと、
残りの返済期間は変更せずに、月々の返済額を減らす、返済軽減型というものがあります。

期間短縮型だと、ローンを払い終わるのが早くなるため、
老後のためのお金を貯金する余裕が出来ます(・∀・)
また返済軽減型ならば、月々の支払いが軽くなる分、
お子様の教育費にまわす事も出来ますね。どちらにしてみても、
その時の家計の状態によって選択するのが大切ですね(^^)

投稿日:2013/11/08   投稿者:-
過去の投稿