所得税と譲渡所得について

楽天イーグルスが日本一になりましたね( ;∀;)
個人的に応援していた球団なのですごく嬉しかったです。
おかげで、楽天では今優勝セールを開催しているみたいですね( ?Д?) !
なにか掘り出し物でもないかチェックしてみようかなぁ(*´▽`*)


本日は所得税について調べました。
【所得税】
所得税は、個人の所得に対して国に支払わなければならない税金の事を言います。

所得税法では、所得を事業所得、給与所得、譲渡所得などがありますが、その中から事業所得について記述していきます。

【譲渡所得】
譲渡所得とは、資産の譲渡による所得を言います。
たとえば、1000万円で購入した土地を1500万円で売却した場合、500万円の利益が出ますが、この利益が譲渡所得になり、これに対して所得税が課課されます。

また、建物等の所有を目的とする土地賃借土地賃借権等を設定する場合において、
その設定の対価として、支払いを受ける金額がその土地の価格の5/10を超えるときは、資産の譲渡とみなされます。

資産の譲渡による所得であっても、営利を目的として継続的に行われる資産の譲渡による所得は、譲渡所得に当たりません。
例えば、個人である宅建業者が販売目的で所有している土地を譲渡した場合は、譲渡所得に当たりません。

譲渡取得は、譲渡した年の1月1日における所有期間が、5年を超えるものを譲渡した場合を長期譲渡所得といい、5年以下のものを譲渡した場合は短期譲渡所得と言います。

原則として、長期譲渡所得に対して課せられる税率は15%で、短期譲渡所得に対して課せられる税金は30%となっております。

なぜ、短期譲渡所得の方が高い税率を課せられるのかというと、土地投機を抑制するためとされています。
ちなみに土地投機とは、値上がりを期待して土地を売買する事を言います。
バブル期には、土地投機が盛んに行われ、価格の高騰を招いたそうです。
そこで、過剰な土地投機を抑え、土地投機によって得た利益を吸収する為に、
短期譲渡所得には高い税率が課せられています。

不動産によって得た所得に対してもやはり所得税がかかるのですね。
そう思うと、税金を払ってなお、お金持ちの人は相当お金持ちなんでしょうね、
一体どんな生活をしているのか一度見てみたいです(^^)笑

明日は譲渡所得の続きから課税譲渡所得について記述していきます。

投稿日:2013/11/04   投稿者:-
過去の投稿