アラベスク

 

少し前からクラッシック音楽を聴くようになりました。
学生の頃はギターをやっていたのでロックばかり
聴いており、あまりクラッシックには興味がなかったのですが
今では毎日聴くくらい好きになりました。
ラヴェルの「水の戯れ」や、ドビュッシーの「アラベスク第1番」など
綺麗な旋律の曲がお気に入りです。
なんでもクラッシック音楽には精神安定作用があるそうです、
何かとストレスがたまる社会ですので、
たまにはゆっくりクラッシックを聴いてみるのも
いいかもしれませんよ(^^)


本日は昨日の予告通り、用途地域について復習していきます。

市街化区域の中ならばどんな建物でも建築する事が可能
なのかというと、そうではありません。
都市計画で「この地域はこういう目的の為の地域に
しましょう」と、12種類の地域に分けて決められております。
それらの地域のことを用途地域といいます。

例えば、こんな町だったらどう思いますか?

小学校の隣に、パチンコ屋さんと風俗店があり、
その隣に大きな工場とゴミの焼却施設が建っています。
自宅は、小学校から500mほど行った所にある、
平屋の木造住宅で、両隣に高層マンションが建っています。
来年には道路を挟んだ向かい側にラブホテルが建つそうです。


例ですので極端に悪い住環境にしてしまいました。(笑)

想像するだけで絶望的な町ですね・・
こういった街並みにならならないように用途地域は
定められているのです。

用途地域は住居系、商業系、工業系の三つに括られ
その中にそれぞれの特性をもつ地域が12種類あります。
定められた用途地域に対応しない建築物は、原則建築することは
できません。


本日は住居系の用途地域についてもう少し詳しくご紹介します。

人が居住するために適した住居系の用途地域は7種類あります。
第一種(第二種)低層住居専用地域
第一種(第二種)中高層住居専用地域
第一種(第二種)住居地域
準住居地域   
の7種類です。

それぞれ建てられる建物の種類や、建ぺい率、容積率、高さ制限
前面道路幅員別容積率制限、道路斜線制限、隣地斜線制限
日影規制などが異なって設定されています。

ですので同じ住居系の用途地域でも
第二種住居専用地域や準住居地域のように
パチンコ屋やカラオケが建てられる地域もあれば、
第一種低層住居専用地域のようにコンビニすら
建てられない地域もあるわけです。

居住用に土地や戸建を買う際は、
どの住居地域が一番生活に合っているのかを
考えてから購入するのが望ましいですね。

投稿日:2013/09/23   投稿者:-
過去の投稿