購入の流れ

購入を決心したら、おおよそのスケジュールを立てましょう。

購入スケジュール

STEP1 プランニング

進学や転勤、引っ越しの時期などから、購入予定時期を決めましょう。また、どんな住まいが欲しいのか、そのポイントを箇条書きにして優先順位をつけておきましょう。優遇税制の時限措置について調べておくのもよいでしょう。

STEP2 資金計画

頭金とローン返済可能額から、購入可能物件を算出してみましょう。

STEP3 情報収集

周辺の相場を知っておきましょう。仲介業者や住宅情報誌・ウェブサイトを通じて、希望する物件の「広さ」「近さ」「新しさ」の基準を把握しましょう。

STEP4 ご相談・物件紹介

希望するマンション・一戸建て・土地などの物件情報は、不動産専門仲介業者が提供いたします。資金計画、希望する条件などを伝えて物件を紹介してもらいましょう。

STEP5 現地見学

気になる物件があったら現地を見学しましょう。物件の状態、周辺環境などを自分の目でじっくりと確かめましょう。

STEP6 購入決定

最終決定にあたっては、昼 ・夜、現地を訪れること、実際の通勤・通学を考えて、環境や混雑度をチェックするなど、ご家族全員で検討されることをおすすめします。

STEP7 売買契約

進学や転勤、引っ越しの時期などから、購入予定時期を決めましょう。また、どんな住まいが欲しいのか、そのポイントを箇条書きにして優先順位をつけておきましょう。優遇税制の時限措置について調べておくのもよいでしょう。

STEP8 ローン申し込み

契約前に事前説明を受けておいた方がよいでしょう。

STEP9 金銭消費賃借契約

ローンを申し込んだ金融機関で、金銭消費貸借契約を執り行います。

STEP10 物件引き渡し・残金決済

手付金を除く売買代金の残金を支払い、物件の引き渡しを受けます。

STEP11 登記

引き渡しと同時に、法務局の登記簿に記載します。「所有権移転登記」が必要となり、一般に登記申請は司法書士が代行します。

<購入時に必要なもの>

■ 印鑑

本人確認書類

手付金(売買価格の10%程度の現金)

印紙代(物件の価格により異なります)

など必要になります。 

その他ご用意いただくものは打ち合わせ時にお伝えいたします。